公立大学・私立大学における実験動物施設の運営に関しての情報交換や諸問題を協議していきます

公私立大学実験動物施設協議会  Japanese Association of Laboratory Animal facilities of Public and private universities (JALAP)

HOME > 会長挨拶

会長挨拶

 公私立大学実験動物施設協議会(公私動協)は、1985年に私立大学に必要な情報の交換と問題解決の場として設立された「私立医科系大学実験動物施設連絡会議」に医科系公立大学等を加え、平成元年(1989年)に新たに設立された全国組織であり、その目的は、会則により「協議会は、公立及び私立大学等に設置する共同利用の実験動物施設等(以下「施設等」という。)の連携を促し、施設等に共通する管理運営上の問題並びに実験動物及び動物実験に関する諸問題を解決し、適正な動物実験による教育と研究の進展を図ることを目的とする」となっています。


 わが国には、大学が加盟している動物実験関連の組織として、国立大学法人動物実験施設協議会(国動協)と公私動協の2つがあり、それぞれが精力的かつ継続的な活動を進めています。公私動協と国動協は加盟している大学は異なるものの「適正な動物実験」という共通の目的を持っているため、近年はお互いに協力して活動することも多くなってきています。例えば、科学的かつ倫理面に配慮した適正な動物実験の実施のために、「実験動物の授受に関するガイドライン」を両組織のバイオセーフティ委員会が合同で、平成10年に共通ガイドラインとして作成しています。また、平成18年には国動協と公私動協が協力して「動物実験に関する相互検証プログラム」の検討を開始し、平成21年度から、文部科学省告示「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針(基本指針)」の規定に基づき、各機関が行う自己点検・評価、外部検証の円滑な実施を支援するとともに、検証プロセスの透明性と公正性を確保し、社会的な理解の下での動物実験の適正な実施とそれによる学術研究の発展に資するため、合同の検証委員会により外部検証を実施しています。さらに、平成24年の「動物の愛護及び管理に関する法律」改正に当たっては、環境大臣や中央環境審議会動物愛護部会・動物愛護管理のあり方検討小委員会に対して両組織の会長名で要望書を提出しています。


 公私動協はこれまで、「動物の愛護及び管理に関する法律」、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」を踏まえて、適正な動物実験を実施するために、文部科学省から告示された「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針」及び日本学術会議が策定した「動物実験の適正な実施に向けたガイドライン」に従い、機関長の責任の下に、機関内規程の策定、動物実験委員会の設置、教育訓練に努めてきました。さらに、動物実験の実施状況等に関しては、ホームページ等で情報公開するとともに、自己点検・評価、さらに平成21年から相互検証(外部評価)を開始し、動物実験が社会的理解の下で適正に実施され、生命科学の発展に寄与する努力を続けているところです。公私動協の会員は、設立当初38施設であったのが現在すでに100施設を超えましたが、これからも大学における適正な動物実験の実施に向けて、更に活動を推進していきたいと思いますので、一層のご理解ならびにご協力をお願い致します。


会長 喜多正和     

公私立大学実験動物施設協議会 事務局

〒164-0003 東京都中野区東中野4-27-37(株)アドスリー内
TEL:03-5363-3776  FAX:03-5363-3668 E-mail 連絡・受付
Homepage とメーリングリストに関するお問い合わせ
学術情報・広報委員会
田中 聖一(福岡大) / 近藤 友宏(大阪府立大)
大杉 剛生 (酪農学園大)/ 新倉 貴子(上智大)
Copyright©  公私立大学実験動物施設協議会 2018. Japanese Association of Laboratory Animal facilities of Public. All Rights Reserved.